日別アーカイブ: 16-09-16

ネット数藩は危険

インターネットでは不正ルートで仕入れた偽造バイアグラが横行しており、医薬会社合同の調査によるとネット通販されていた製品のうちおよそ半分以上が偽造だった事が判明しました。なぜネット通販が危険視されているかと言いますと、含有成分に健康に害する毒性成分が混入しているものや、不純物が混入しているものが多かった事によります。

中には覚醒剤の隠れ蓑になっていたものもあります。日本では安全性を考慮して承認されたのは25mgと50mgの2つなのに関わらず海外は100mgである違いも、体への影響が気になるところです。実際海外でも100mgまでと規定されているにも関わらず大幅に規定を越える分量であるものも少なくありません。経済的な面に焦点をあてて比較してみると、ネット通販の偽造バイアグラの方がほぼ半額に近い価格で売られているわけですから、安く手に入れたいと思う人には確かに魅力的です。

ですが元々正規品そのものが効果に個人差があって、必ずしも効果が期待できるものではないわけですから偽造品はさらに“効果なし”が横行するのは自然でしょう。勃起障害には背後に別の病気が隠れている場合もありますから、きちんと診断を受けずに偽造バイアグラを購入する事が大変危険である事は、容易に想像できます。